京都市 H邸 チェリーのビッグチェスト

Img_500110edc9df9eb7607b927c7b28ec9b
Img_7c30749119ef5bd7b2d9ec0b511b8124
Img_15ae0e2157f8d4bdd8ac2d3f4085225d
オーダー : 『夫婦二人分の衣類をこの寝室のチェストにすっきりまとめたい。』

       動線もすっきり。抽斗には可動で仕切り板をつけ、整理しやすくしました。


●画竜点睛  ブログより

あらたにチャレンジした木の取っ手。
一昨日アップしたチェストの物。シンプルなチェストなので金属の取っ手でピシッと締めたいところ。
でもちょっと待てよ。これ寝室のチェスト。
お風呂あがり、朝一番に触るものと考えたらやはり木の取っ手か?

悩んだ末に良いとこどり。木の取っ手の先端のみに金をまいて磨いています。
手間暇はかかりますが、奇をてらうことなくオリジナリティを発揮することができたかな。満足。

金のほかにも銀を撒いたり錫を撒いたりいろいろバリエーションも実験中。
この技法は使えそうだ。朝倉木工の特徴の一つとして育てて行きたいと思う。

Img_2c9016c57e00ac7059b83b939e69f000

●ビッグチェストとの再開   納品2年後のブログより

来年につくらせて頂くダイニングセットの打合せに行って、2年前に作ったビッグチェストに再開。
良質なチェリーが美しい飴色に育っていて,我つくったながら溜息出るほど美しい。

とても愛用されている旨をプレゼンしてもらって,とっても幸せな気分になったのでした。

●編集後記

このチェリーのチェストが部屋にしっくり馴染んで美しく見えるのは、
依頼主奥様作の、パッチワークのベッドカバーの効果も大。

『主婦業って、大変な割に残るものがないでしょう?
子ども見ながらチクチク縫って、
これを作ってる時はこんなことがあった、あんなことがあったって。。』

家族の歴史あり、根気あり、美意識あり、シックにまとめ上げる技あり。。
気持ち良い雰囲気に制作されていて、素晴らしかった。
こういうものづくりをしたい、と思った。 
Img_58bd66d22047b64e6d5a472b9e1ce34e
Img_e12df612e1cc7d0a38b9c0d67091941b
Img_4679d34b20949c6aeab668b797e20f44
Img_6c5f2cb2c920d668adad40da141935ea


Img_222edf6c5b46ed3d4e67ef85ce9d73dd