Img_dfdea9379fe345ab4ccce2aa2a040cc8
Img_afb1c9f2e9c3881b31d6d2e2cc0220d8
Img_828ff0dafa614b8fdf2d3efe764ff0f6
Img_776a80a446674855f01355beac7b3762
Img_f23df07383d13bcdcfa20746cfa0bed9
Img_2b834b83b501a608f9c1222a57076bfe
Img_6f544f9a2796f3f837043fb5c68aa571
Img_f2dc55710b4bc55ad82046ede8afc54b
Img_002c40a690bf871a9add5ed3726e86eb
Img_8ef7564230e8df33373dd70aa076ab0d
ご依頼主と設計士さんが、キッチンを考える段階で、無垢の木のキッチンにしたいと京都炭山朝倉木工のキッチンを見にいらっしゃいました。

オーダー: 「 リビングになじむ無垢の木のキッチン。  木の質感は好きだけどアイランドの水周りはステンレスにします。
         コンロカウンターと本体はハードメープル。  抽斗はソフトクローズの金物が希望。
         リビングからみえるところは、すっきりさせたい。」

基本的な導線やレイアウトは家の設計の段階で設計士の方が考案され、
その範囲の中で朝倉木工からいくつか、壁面右奥の収納スペースを下半分にしカウンターをずっと横に伸ばす案や
上半分をガラスの食器棚にする案など 見え方の違う案を提示し、
最終的に収納スペースはバックヤードとしつつ メープルの素材感でつながりをもたせ リビングから見てもすっきりしたこの形に納まりました。 

設備機器や金物は、依頼主ご希望の品をデザインと施工性と予算など検討し打ち合わせしながら取り揃えていきました。
全体の細かい部分は、全て希望通りにすれば希望通りの空間になるか 
というのはまた違うところがキッチンのおもしろさ。
今回の場合、壁面タイルは依頼主お気に入りの存在感と質感のあるもので、並べ方も決められたので、
『 タイル、 無垢のハードメープル、 特注シンクカウンターと機器のステンレス 』 これらが活きるよう
木部造作はごちゃごちゃさせず 取手なしのすっきりとしたデザインをご提案しました。

使う人の体型やお米の収納場所、食洗機前の予洗いの仕方、など細かい内容も毎日のこととなると重要。
買ってきたものを冷蔵庫にしまうとき、置くことができる位置までカウンターに、
ビールも冷蔵庫のすぐ後ろの収納庫にケースごと収納可能、補充導線も短く、
冷蔵庫や食材庫からものを出してシンクに立ったとき、シンクの上もフラットに作業スペースをひろげられる水切りプレート、
たくさんあるという細かい調味料ビンがすぐとりだせすぐしまえる可動カゴ抽斗、
手をふくとき、腰をかがめないで手が届く、高めの位置にタオルかけ設置、
シンク前に立ったとき、足が中まではいるので楽な姿勢のとれる蹴込み(足元の引っ込んだ部分)、
盛り付けから配膳片づけの流れに便利で且つ目隠しになるリビングボードの高さ、
(立ち上がりステンレス案もありましたが、メープルの世界で統一感をもたせることに。)
全自動食器洗機から出した食器をすぐ後ろの収納へ片づけられる、
ゴミを勝手口へ運ぶためキャスター付き内部分別ゴミ箱、
水洗金具はホースが伸びるタイプを選ばれ、ホースを戻した時の水を受ける容器をシンク下に取り付ける必要があり、今回はシンク下は床暖房にも近く、食洗機配線もあったので、万一水絡みのトラブルが起こった場合深刻な状態になる前に気が付いて対応できることを優先し、抽斗ではなく開き扉で、排水トラップが内棚のじゃまにならないよう奥に逃がして配しました etc......。

詳細写真を撮影させていただいた日は引越し当日。

一枚目のお鍋などが配された写真は後日伺った際の毎日ご使用になっている状態の写真です。        

 
Img_59f4c79953bb7cf6b23c86b94ba3e203