オイルフィニッシュのもの。漆のもの。

木の一番の魅力は、その木の、その部分と同じ木目はひとつもない、一年一年積み重ねた木の表情。

オイルフィニッシュのもの。漆のもの。
どちらにもある魅力、軽さと、熱の伝えにくさと、木の持っている独特の雰囲気。

オイルフィニッシュのいいところは、
木の色を活かせるところ(ぬれ色といって少し水でぬらした時の色になる)と、セルフメンテナンスができるところ。
手をかけて磨く美意識や木の色そのものを愛でる思想は、白木を愛してきた日本人に合っているようです。

漆うるし仕上げのメリットとデメリットは、オイルフィニッシュと正反対。
メリット:水分に強い。(それでもつけたままは禁物)メンテナンスを必要とするまでの期間が長持ち。
     漆の色、朱色、黒色を楽しめる
デメリット:木の色よりも漆の色になる。自分では気軽にメンテナンスできない。
が、修理を依頼して何代も大事に使ってきたという長い歴史があります。

漆のものが多かった時代から、オイルフィニッシュ仕上げのものを使い込んでいくのと並行して
どちらの良いところもそれぞれ活かして楽しむような時代になってきました。

何年も使って、そういえばこれ、随分使っているな、やっぱり好きだな、いい感じになったな。
そう思える木の魅力を活かした物をつくり、伝えていきたい。