木の家具のお手入れについて

●普段のお手入れ

家具(テレビ台やチェスト)・・特に必要ありません。綿の布で乾拭きしてください。

家具(食事テーブル)・・・・・固く絞った布巾で水拭き。マイクロファイバーは避けてください。

●ダイニングテーブルのオイルメンテナンス

毎日水拭きするダイニングテーブルは、一年に一度のオイル・メンテナンスをお勧めしています。

良い風合いに育っていきます。

・前準備……気になるキズや凹み部分には、水を含ませた小さくちぎった傷より一回り大きい位の
ティッシュを丸めたものをのせて一晩おくと、ある程度は膨らんで目立たなくなります。

① 固く絞った布巾でよく水拭きします。

Img_eb55aeb3d4e43909a5dbf4a713a07040
用意するもの(オンラインショップで一式販売中 )
Img_980d3499083d648b5475fa3b23086d5c
800番を8等分に手で切って3つに折ります。
Img_120311f7ca5be6def81685ee723a0c65
② 耐水ペーパー800番でこする。
木目と同じ向きに全体をこすってください。

Img_cc274127e33f172a631d4c70e695edd9
ムラのあるあまり良くない例。
強すぎて指の場所でスジになっています
Img_fe06d3296d431dcabc32d298088a7b01
良い例。部分的に深追いせずに、
全体をまんべんなく同じ調子で
Img_35674c582de783f5e1fc6b086ac59a4a
③ ②で出た粉を乾いた布でよく拭き取る。
Img_ec15d5747723818a746da7bd9bc7cc03
小さく切った布でオイルを薄く薄く塗り広げる
乾き始めると拭き取りにくくなるので
半分ずつ塗って拭き取っても良いでしょう。
オイルをさらにぬると拭き取りやすくなります。
Img_1ea3c5bd47ca34a416c40cbb532d7334
⑤まず全体を拭き、オイルのついていない面で
もう一度全体を拭きます。
オイルの重い拭き心地がだんだん軽くなります。
(大阪カフェ『なかなかの森』さんのメンテナンス)
Img_d20b6a77a2a3a3ade1f6b670998a56e6
もう一度、オイルが何もついていない布で拭き取って、
布に何もついてこなくなってさらさらの拭き心地になったら完成です。、
そのまま、半日乾かしてください。



作業時間はひとりで作業した場合、30分程度です。年末や、年始にメンテンスされる方が多いようです。


ご注意いただきたいこと:
メンテナンスに使った布は、乾性油の特性として空気と反応する際、まれに自然発火や熱を持つ恐れがありますので、

ビニール袋に水と一緒に入れて捨てるか、広げてカラカラに乾かしてから燃えるゴミに出してください。