炭山の紹介

今から 808年前の鎌倉前期、鴨長明の随筆文学(1212年成立)「方丈記」にも、炭山という地名が出てきます。

「これよりみねづづき、すみ山をこえ、かさとりをすぎ、或は石間(岩間寺)にまうで、或は石山(石山寺)ををがむ」

当時、鴨長明は伏見区醍醐日野に住んでいたと言われています。

それから時は流れ…1970年頃に30以上の窯元が移り住み「京焼・清水焼」の伝統を受継ぎ多様な制作活動を行っています。

昭和49年(1973年)には、東海自然歩道も完成しました。(東京の明治の森・高尾国定公園と大阪の明治の森・箕面国定公園を結ぶ自然歩道)

 京都炭山朝倉木工が11年前に開業し暮らしてみると、炭山には良いところがたくさんありました。

 

自然の蛍もいる豊かな里山市街地への近さが丁度よいところ。「山奥と思ってたけど意外と街からすぐだね」

   狭かった山道も、今では対向車とすれ違うことのできる道(材木を積んだ10tトラックも通ることのできる道)に整備され「車で5分で市街地に出られる便利な里山」です。

 京都駅から車で35分、大阪駅から1時間。京都市街を通らず高速に乗ることが出来、納品や来訪に適しています。

陶芸の里というものづくりの人たちが多く暮らす地域だからこその高い文化意識が育っている場所。

 学校や保育の先生を退職後、地域で思い思いの文化的活動(太鼓、獅子舞、しめ縄、演劇)をしている方も多い。

 移り住んできた人が多いので、よくある田舎の古い決まりのようなものが現代的に改良されているのも良い。

 

このページは、3つの目的で作成しました。

①朝倉木工に来てくださる際に、興味のある場所を知り、お立ち寄りいただけたら(各工房は事前要予約)

②炭山の魅力を少しでも発信したい、炭山に引っ越しを考えている方に参考になれば。

③炭山に引っ越してきたの方たちにも知ってもらえれば。  (現在も更新中。2020/11/22)  

朝倉木工から、炭山最北まで車で10分、最南までも車で10分の距離感です。

バイパスと旧道があって、旧道は歩いてぐるりとお散歩するのに丁度いい道。

 

 教育・自然文化   (文字を触るとLinkあります)         

 

学校宇治市立笠取第二小学校炭山、二尾、池尾、地元の小学校。)

校庭開放かさにひろば保護者主催の外遊びの会。炭山内外の未就学児~小学生が参加。月1開催。申込不要、参加時間自由

保育現代手づくり玩具館(NPO法人子育ての森プロジェクト)館長:村榮喜代子さん保育教室有

文化宇治木こりの会 窓口:桑村明憲さん 月1山開放日 月1木工作体験有

用品Mt.SUMI マウントスミ(アウトドア・キャンプ用品)清水克彦さん 谷山展示場(同上)で展示イベント不定期オンラインショップ有

公民館・炭山八幡宮の本殿、宇治市の指定文化財。

文化・炭山自然と文化の会 獅子舞保存会。笛、太鼓、お囃子を桜祭りなどで披露

文化・炭山太鼓 大人部・子ども部。小学校体育館にて練習 講師桑村明憲さん 

教室・JACテニスパーク炭山(テニススクール) テニス教室有 

 

 

陶磁器 ガラス 木工 など 順 北から南へ(協)は組合名)        

陶芸笠取窯 かさとりがま 岡本彰さん ショールーム有ほぼ毎日OPEN 

陶芸・西川和鳳さん

陶芸・西川賀峰さん

陶芸・北村さん

陶芸・船原さん

陶芸(協)京焼村・西村さん

陶芸(協)京焼村・平野さん

陶芸(協)京焼村賀泉窯 がせんがま西川賀也さん ショールーム有要予約

着物西川みさ子さん 着物、浴衣、相撲浴衣仕立て

陶芸(協)京焼村・宮川さん

陶芸(協)京焼村・高田さん

陶芸(協)京焼村馥郁窯ふくいくがま 村上郁さん 桜祭 仁和寺10/24~12/6-9~16時・醍醐寺11/24~11/29(9時~16時

陶芸(協)京焼村・炭山清谷窯 林淳司さん 林奈緒子さん ☆ 

陶芸(協)京焼村・小峠さん

陶芸・西川龍松さん

陶芸・小川さん

陶芸・岡田さん

陶芸・龍豊窯りゅうほうがま 石田滋圭(石田滋さん、圭子さん、瑛人さん )茶道具、割烹食器、桜祭

陶芸・滝陶房 滝さん 

陶芸・八幡窯ばはんがま 坂田和章さん桜祭

陶芸カフェ 基牛舎もとぎゅうしゃランチ・カフェ金土日OPEN 山本壮平さんショールーム有

陶芸・犬塚さん

陶芸(協)炭山工芸村魚雲窯ぎょうんがま 山本重行さん山本陽子さん山本薫さん山本たろうさんショールーム有金土日

陶芸(協)炭山工芸村奥村陶房 奥村紳介さん 桜祭 

陶芸(協)炭山工芸村・小倉さん 桜祭 

陶芸(協)炭山工芸村・河島さん 

陶芸(協)炭山工芸村・荒木陶房 荒木漢一さん桜祭 

ガラス色工房  荒木桜子さん  オンラインショップ有 桜祭

陶芸・安藤陶房 安藤さん

陶芸(協)炭山陶芸協同組合炭山陶芸 組合共同ショールーム有(火水土日)

陶芸(協)炭山陶芸・直山陶房 今橋敏治さん    共同ショールーム有 

陶芸(協)炭山陶芸貴古窯 きこがま  今橋剛和さん今橋裕子さん共同ショールーム有 

陶芸(協)炭山陶芸・炭渓窯たんけいがま 今橋さん  共同ショールーム 

陶芸(協)炭山陶芸・清泉窯 せいせんがま 近藤さん  共同ショールーム

陶芸(協)炭山陶芸・暁陶房 あかつきとうぼう笹谷さん 共同ショールーム有 桜祭

陶芸(協)炭山陶芸原清和陶苑はらせいわとうえん原稔さん原依子さん共同ショールーム

陶芸(協)炭山陶芸加藤永峰 かとうえいほう   共同ショールーム
陶芸(協)炭山陶芸嘉峰陶苑 かほうとうえん伊藤 さん共同ショールーム
陶芸・橘さん 桜祭
陶芸燦光窯さんこうがま井川和夫さん井川冨美子さん ショールーム有要予約 体験教室あり4人以上要予約 桜祭 

 

炭山 陶器まつり情報   桜祭マークは、例年出展の窯    

・春「炭山陶器まつり 宇治川桜まつり協賛毎年4月の第一土日・宇治川の塔の島にて窯元22軒出店。2020年中止 

・秋「炭山窯元まつり」毎年10月炭山にて工房内の見学やロクロ体験など(協)炭山陶芸青年会主体。2020年中止

  

造園                 

造園・あすなろグリーン 上野義宣さん 

造園江夏庭苑事務所 江夏大三郎さん江夏泰治郎さんショーガーデン有要予約 

 

木工・ART                              

木工・山本工房(店舗内装)ショールーム有要予約

ART・アクセサリー 佐藤さん 

木彫GENPEI SAKATA 坂田源平さん(木彫・絵画)2020.12.16-29伊勢丹新宿店

竹芸・宇治竹材工芸 宇治木幡にショールーム有

木工木工芸市川 市川正人さん(木工芸)ショールーム無し

木工・京都炭山朝倉木工 朝倉亨(木工家具)ショールーム有要予約

 

金属                

金属・(有)ミタ工業 

金属・(有)神本精工 金属加工

 

 

 

「☆:朝倉木工に作品展示中」表記について

きっかけは、秋の窯元まつりのOPENショールームで暖かいお茶を準備していたときに、

「陶芸の里で紙コップもなあ…」と思い(その後コロナ禍で紙コップに…)

陶器祭りで手に入れられる気に入った陶器を1,2点ずつ集めて展示し始めました。

それを見て気に入った方へは窯元のご連絡先か販売店をお伝えさせていただくことに。

ですので、朝倉木工のチョイスが1個2個展示してあるだけです。基本は家具の展示です。

それでも、炭山に訪れた方にはこの炭山で制作している作家の作品を見て帰って頂けたら嬉しいです

 

 少しづつ詳しく記載していきます。

まずは、予約なしで立ち寄ることができるカフェ、通常OPEN日を設定されている場所から。

 

 

MOTOGYUUSYA.JPG

『基牛舎(もとぎゅうしゃ)』暮らしの道具とカフェ

2018年OPEN 金土日のみ営業。 朝倉木工から車で2分

「営業時間 : 金.土.日.祝日-11:00 - 17:00 L.O16:30

 季節により変更あり(ランチ15:00まで数量限定)

 ランチ+お好きな飲み物付き=1,680円税込

 ランチ+お好きな飲み物+ケーキ=2,330円税込

 取り置き可 HPメールフォームまたはインスタグラムメッセージにて受付(日時、個数、連絡先)」

---------------------------------------------------------------------------

炭山で育った陶芸作家の山本壮平さんが元牛舎を改装してカフェ&ギャラリーをされています。(陶器の他ガラス等も展示)

いつも駐車場には京都ほか他府県の車も。

朝倉木工の欅拭漆隅切盆320×200㍉をお使いいただいています。 

(お盆全てではないので、運が良ければ出てきます。)

『基牛舎』ホームページ

 

 

  

 

 

 岡本彰さんprof.gif

 『笠取窯 かさとりがま』 岡本彰さん

常設展示:聴竹庵ギャラリーほぼ毎日10時~17時(不定休、お電話いただけたら確実です)

土ひねり教室:有り 詳しくはホームページ

「煤や煙の公害で京都市内では登り窯が焚けなくなり、ガス窯や電気窯が主流になりました。

私も炭山の地に陶房を構え、電気窯、灯油窯で焼成していたのですが、松割り木の燃える音、

その香り「炎による焼成と変化」にいつかは焚き窯で作品作りがしたいと夢見て願っていると、

縁あって近くの笠取の地に穴窯を築窯することができました。昭和52年のことです。

毎回2000束の松割り木を用意して、10年間穴窯を焚き続けました。

しかし穴窯では釉薬の作品が限られるので、気持ち新たにと、登り窯と穴窯の連結した新しい窯を築窯しました。

登り窯では釉薬の作品を、そして穴窯では窯変焼き締めと作品の幅も増え、10年毎に窯を新しくして現在に至っています。

土と炎が醸し出す焼きものに夢中になり全身全霊六昼夜2000束の松割り木を焚きつづけられる事は幸せです。

毎回熟慮して窯詰めしたにも拘わらず松割り木の乾燥状態気候作品の大きさ等にも影響して辛辣な状態を受けています。

自然の力に翻弄されながら「土と炎による焼成」にこだわり醸し出される釉薬の深味を

作品の何処かに表現できていればと願いつつ窯から出てきた作品を一つ一つ受け止めています。

体力の続く限り登り窯を焚き、「土と炎に醸し出された作品づくり」に勤しむ窯ぐれ男です。」

1973年 宇治市炭山にて開窯し笠取窯と命名

1985年 アメリカオクラホマ州へ京都府の依頼にて陶芸の技術指導をする

2011年 第40回宇治市技能功労者に表彰される  

『笠取窯 かさとりがま』ホームページ

--------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

 

ぎょうんがま2.JPG
『魚雲窯 ぎょうんがま 』
山本重行さん 山本陽子さん 山本薫さん 山本たろうさん 
ショールーム有 基本は金土日OPEN、不定休(事前に確認電話を。)
体験は2人以上から、要予約。
------------------------------------------------------
ご主人と奥様と、娘さん、息子さんそれぞれの作風で制作されています。
山本重行さんの器は、宇治橋東詰め(京阪電車宇治駅の真ん前)
『宇治茶の老舗 通圓つうえんさんの抹茶パフェ(上写真)ぜんざいなどに使われています。
奥様山本陽子さんは庭の梅ジャム、柚子ジャム、りんごジャムなどまめに作られるかた。
台所に立って日常的に使う洗うしまう目線ももって作られている器です。
1階と2階からなる充実したショールームと、駐車場有り。

 

 

 

 

宇治木こりの会.JPG

宇治木こりイベント.JPG

社団法人『宇治木こりの会』

月一回里山開放日あり (開放日の山歩きの参加は予約不要)

『地域の森林を多様性があり、災害に強く、みんなが楽しめるように整備しています。

宇治市炭山では見本となれるような森作りを勧めています。』 

 --------------------------------------------------------------------------------

炭山地区は、8年前のゲリラ豪雨の時に山道に山の木が倒れ土砂で道がふさがり

孤立するという経験をしてから、有志が山の持ち主に直接掛け合い、

倒れそうな木を整備させてもらったり、植樹させてもらえるようにしたりと

雨降って地固まる活動が始まり、現在はこの宇治木こりの会の皆さんが主体となって

住民が参加できるイベントを開催してくださり、子どもと植樹などに参加させて頂いています。 

宇治木こりの会は、プロの木こりや、ツリークライミングの講師、など様々な得意分野を持つメンバーによって構成。

「重要文化財にもたれかかる木などを上手にすこしずつ切る仕事など」をされている方々などによる組織。

 

活動拠点、炭山谷山13-1『谷山360°広場サブロー

 月一回里山開放日は、「炭山以外の人にも山歩きなど気軽に立ち寄ってください」

 (朝倉木工から歩いて14分(1km)車だと3分。駐車場あり) 

月一回9時~16時開放日の間の好きな時間に訪れて、地図を片手にぐるりと山を一周歩けます。

山歩きは保育園年少さんの足で1時間半、大人なら1時間ほど。季節を楽しみながら、

岩道や、けもの道、ちょうど良いハードさで、大人も山歩き気分を楽しめます。

宮崎駿監督曰く「子どもの時に斜面やでこぼこ道を歩く経験をするということはとっても大事なんだ!」)

山歩きのふもとでは、イベント開催。講師:桑村明憲さん。

(木とんぼづくり、料理ベラ削り、植林作業、ナイフ教室、など。

申し込みすれば確実ですが、材料が余っていれば飛び込みも可能だそう)

 
おく.JPG
『奥村陶房』主催の「冬ごもり展」
毎年11月下旬開催 (2020年はオンライン開催12月初旬~20頃まで)

『一番大切にしているのは、おおらかで豊かなものを作ることです。』という奥村紳介さん。

奥さんが盛り付け、撮影、ビジュアルデザイン作のDMはがきは、お料理を盛り付けた器のものなど数種あり。

毎年11月開催の奥村陶房主催『冬ごもり展』に参加させていただいて早5年。いまや開店前に行列ができる人気イベントに。

奥村陶房 京都宇治市炭山久田26-1 
冬ごもり展2019年の創る人〇こぎん刺し 青森弘前 Hanako〇農産物 新潟津南 はらんなか 〇デリカテッセン 京都東山 レザン 〇木工 京都炭山 STUDIO MOKKO 〇木工 京都炭山朝倉木工○ガラス 京都炭山 色工房〇陶器 京都炭山 奥村陶房 〇パン 京都宇治 Panya a la Bonne Miche 〇お菓子教室 京都宇治市 okasilabo quatre.m 〇木版画 京都童仙房 kringrafica 〇農産物 京都童仙房 ハト畑〇竹工芸 大阪豊中 IPPO (FACTORY JIN&POKO) 〇木工 大阪豊中 JIN (FACTORY JIN&POKO○農産物 広島三次 もぐもぐ農園 (順 北から南へ)

『奥村陶房』ホームページ    Instagram@冬ごもり展ページ 

 

 

  

 

 

 玩具館HP.JPG

現代手づくり玩具館 (NPO法人子育ての森プロジェクト)
宇治市黄檗で20年、さらに炭山へ移転してから30年間活動 

「今を生きぬく力を育む」-50年間子どもたちの成長を見守り続けた、現代手づくり玩具館の改修・活動支援プロジェクト

「私たちは1970年、京都府宇治市黄檗に京都造形活動研究所を設立。子どもたちとともにおもちゃ作りの活動を始めました。

そのきっかけは、子どもを取り巻く環境の劇的な変化でした。

当時、空き地や林など、子どもたちの遊び場が次々と姿を消すのを目の当たりにしたからです。

『子どもたちがゆっくりたっぷり思いっきり遊び、つくること』それが私たちの活動の原点です。

1990年に拠点を宇治市炭山に移し、現代手づくり玩具館を建設。

恵まれた自然環境の中で、より豊かな子ども時代をすごせるように願って活動をしています。

 NPO法人子育ての森プロジェクト 現代手づくり玩具館 館長 村榮喜代子」

-------------------------------------------------------------------

 

親子参加型の幼児保育「山うさぎ学童くらぶ」幼児グループ(0〜4才)と、

土曜のみグループ(5才〜小学6年生)を軸に活動されています。

炭山の豊かな自然のなかでのびのびと山遊び、川遊び、工作、リズム体操、など。保育の様子はブログ有り。

玩具館を会場とした季節イベントでは子どももためのピアノやチェロ、チェンバロなどの音楽会、演劇会も開催。

 

朝倉家も炭山に引っ越してきてからずっと、親子共々お世話になっています。(季節イベントは事前申込要)

『現代手づくり玩具館(NPO法人子育ての森プロジェクト)』ホームページ

 

 

 

 

 

 

 江夏庭苑事務所 庭写真 (2).jpg

江夏庭苑事務所 Enatsu Garden Architect 

1977年に京都・山科区で開業、宇治・炭山に移り現在に至る

朝倉木工が炭山にて家づくりをし始めたときに炭山を散歩していたら

江夏庭苑さんのお庭の、お手入れされた部分と自然に委ねるバランスなど含め石のつくりも素敵だったので、

朝倉木工の工房前のエントランスの石積みや植栽をお願いして制作していただきました。

木工にまつわる部分はハーフセルフビルドで制作しましたが、

江夏さんへ石積みやお庭を頼んでみて、「プロに頼むべきところ」というのがあるなあ、家が引き締まったなあ、と実感。

それと、お庭をみせていただいて考え方に共感できるところにお願いできたことが満足につながりました。

朝倉木工のお庭は家具製作の合間にたまに草をひく程度のお手入れになると思うと伝えた上で

各季節で自然に見えるように、季節も楽しめるように、と植栽を考案くださいました。

 朝倉木工から徒歩3分の場所にありますので、お庭を見せて頂きたい場合は事前にご予約を。

石畳の種類例なども何種類か現物を見ることが出来、具体的にイメージ出来ます。

江夏庭苑事務所 Enatsu Garden Architect ホームページ    

 

 

 

 

 

テニス.JPG 

 

テニススクール・JACテニスパーク炭山

「インドアを含む三面の砂入り人工芝のコートを所有。

天候も気にすることなくプレイやレッスンが行える環境を整えております。

在籍しているコーチ陣は数十年の指導歴を持つ優秀な人材ですので、初心者から上級者まで学ぶことができます。

子供コースあり。駐車場25台を完備、送迎バスあり。遠方にお住まいの生徒様も、ぜひご利用ください。」

-------------------------------------------------------------

炭山住民も多くお世話になっています。楽しそうに帰る様子が爽やか。

 

 

 

 

GENPEI HP.JPG 

 

木彫・絵画 GENPEI SAKATA 
炭山育ち。2009年に京都三条にて個展。以来、活動を続ける

独特な魅力の動物の彫刻木彫作品や、絵画などを制作。

平成27年度より採用の小学校1・2年上の図画工作教科書「わくわくするね」(開隆堂出版)に

作品掲載 など、活躍の場を広げています。

ホームページでは、谷川俊太郎氏とのコラボカレンダー(蔵丘洞画廊制作)などを楽しむことができます。

木彫・絵画GENPEI SAKATA  ホームページ

展覧会のお知らせ 2020.12.16-29

伊勢丹新宿店 アートエディション にて展覧会を行います。

 

  

 

sumiyama.jpg

『色工房』ガラス作家 荒木桜子(あらきおうこ) 

炭山にて制作

「昭和43年に炭山に移り住んだ炭山工芸村の陶芸家の父母から自然と和食文化としての器を学び、

幼少の頃から陶磁器に触れて育った。能登島ガラス工房を経て、炭山でガラス工房を立ち上げ今に至る。(ギャラリー365作家紹介より)」

(ギャラリ-365とはガラス作家作品専門のオンラインショップ。)

-------------------------------------------------------------------

朝倉木工のショールームに荒木桜子さんのグラスを展示しています。

荒木さんのガラス作品は、料理のドレッシング用のもの、食卓に出せるちょうどよいサイズのピッチャー、など

暮らしの中でリアルにほしいアイテムであるのが魅力。

色工房 荒木桜子 作家紹介ページ   オンラインショップページ

  

  

 

  

 

 21776bffd61a0bdf6f75d24fa6f8313f.jpg

『木工芸市川』市川正人さん
炭山にて制作
毎年、「日本伝統工芸展」に出展されています。 道具のこと、木工の事、ブログに詳しく記載されています。
作品を見ることができる展示会などの情報はブログをご覧ください。
「伝統工芸・木工芸の世界を知り、独学で指物を学び始めたのは約40年前。現在は煎茶道具や家具などの受注制作の傍ら、日本伝統工芸展や日本煎茶工芸展などに出品する作品の制作を楽しんでいます(blogより)」

 

 

 

DSC_0449.JPG

 『賀泉窯 がせんがま 』西川賀也さん 西川みさ子さん

炭山にて制作

 「陶磁器制作~日常まで。割烹食器、煎茶道具…

 着物、浴衣、相撲浴衣仕立て(Instagramより)」
 ショールーム有り。要予約。
高級料亭で使われている『割烹食器』の「ゆがみのない蓋物」や「高台のお猪口」をつくる西川さん。その技術を持つ人が全国的に少なくなってきているそう。
「若い世代に伝えるためにInstagramで技術公開している。」という西川賀也さん。
技術の上に美しさが現れ、料理を引き立てる器に仕上がる。
モノ単体でなく、料理、器、着物、建具、建築、庭園…
全体の調和に幾重もの伝統技術が込められ存在している濃厚な京都の文化。
支えてきたのはさらりとやってのけて+進化も続ける「ものづくり人」。
朝倉木工ショールームに、この蓋物と、玉露椀と急須のセットと、薄造りの作品展示中です。
DSC_0441.JPG
奥様は「着物、浴衣、相撲浴衣仕立て」をされています。
「形見分けの着物の生地を使ってミニ着物に仕立てて愛でられるカタチにする」
というような依頼に応えて制作し、喜ばれたときの写真。
盃を入れる袋、なども制作。

 

 

 馥郁窯 村上郁さん.JPG
『馥郁窯 ふくいくがま 』 伝統工芸士 村上郁さん 
「1982年開窯『郁窯』 工房ショールーム要予約
「馥郁には豊かに香るという意味合いが有ります。

「京都の美山町と言う山村で生まれました。自然の中で自由に育ちましたが反面、高校を卒業したら田舎を出て自分一人で生きていくものだと普通に考えていました。

なぜ陶芸の道に? 

陶磁器の持つ普遍的な美しさにあこがれがありました。特に朝鮮の白磁が好きでした。
45年近くこの仕事に長く関わってきました。今考えるとこだわりはなかったと思います。
その時々に応じて作品を作ってきました。感性、技術、その時の生活などの要素で、
色々な物を作ってきました。その時にできる精一杯の作品だったと思います。」
2020年出展のおしらせ
仁和寺 10月24日~12月6日9時~16時
醍醐寺 11月24日~11月29日9時~16時
----------------------------------------------------
「蓋をしたまま焚いても消えない安全な香炉、意匠登録済。
また色が黒いのでヤニの色が目立ちません。」という香炉も制作。
娘の村上千春さんも陶芸の道を歩んでいるところだそう。
工房ショールームはご予約制。土練り体験などは人数が集まれば。

 

 

 凡例

------------------------------------------
写真
屋号 お名前
何年から炭山で活動
「活動内容自己紹介文」
ショールームの有無、教室の有無
Link先
--------
朝倉木工から紹介する文章ひとこと
-------------------------------------------
 
炭山のみなさん、ご協力ありがとうございます。
炭山の紹介、まだまだ続きます。現在も
リンクのお願い・確認を少しづつ進めています。
表記変更、追記ご連絡はこちらからお寄せください。2020/11/22記