Information

2021-08-17 06:40:00
●OPENショールーム 2021/7/17土18日

ショールームはご覧になりたい日時をご連絡ください。

(納品などで不在の場合もあります。)

工房でほぼ毎日制作していますので、当日のお問い合わせもご遠慮無くお問い合わせください。

 

月一回のオープンショールーム DAY(この日はご予約不要

13:00~17:00

9/18土19日 

10/16土17日、

11/20土21日、

12/18土19日 

(2021は第3日曜を含む土日) 

 

作り手の朝倉亨、玲奈が工房とショップで応対します。

加えて、土曜はスタッフ2人も家具制作中。

 



宇治市炭山堂ノ元23-3 の 工房前 に駐車してください。

NEWショールームは北へ歩いて1分、(炭山堂ノ元19-1-1階)

マスクのご使用をお願いします。
朝倉木工もマスク使用し換気と除菌に努めます。

入り口で手消毒のご協力をお願いします。

 


OPEN日にご覧頂くことが可能な完成展示品

・新作小物(千鳥格子の鍋敷き10種、バターケース、爪楊枝入、我谷盆ほか購入可)


・チェリーダイニングテーブル丸脚900×1900×H700 297,000円+税(購入可)

・チェリーダイニングテーブル丸脚950×1900×H700 306,900円+税(購入可)

・チェリーダイニングテーブル中央脚1000×1900×H700(13年使用見本)

・栗丸テーブル1200φ 298,000円+税(新作 購入可)

・栗丸テーブル1300Φ        (新作 購入可)

椅子:トーチェアハイバック、トーチェア欅、栗、オーチェア欅、チェリーなど

その他:デスク、サイドテーブル、小物、などオンラインショップにのせていないものも展示。

・欅の樹齢???年超大木の一枚板大テーブル用の板展示中(売約済)

 

 

木の家具工房の家具店ならではの体験コーナー

●経年変化の使用見本のテーブルに水の入ったコップを置いてみる、水を付けて拭いてみることができます。

●南京鉋で木を削ってみることができます。

●木のほぞ組みはどれくらい強いのか、ほぞを組んでみる事ができる体験コーナーも準備中です。(先着順)

 

 




地元、炭山にて制作されている陶芸家やガラス作家の作品を少し展示コーナーあり          

■炭山のご紹介ページ 炭山ではたくさんの作り手が制作をしています。

清水焼の職人技術をインスタグラムで公開されている方のページなども、ご紹介しています。

陶芸以外にも、木彫や、ガラス作家など幅広い方が活躍されています。是非ご覧ください。

炭山のご紹介ページ  https://asakuramokkou.com/free/sumiyama_no_syoukai

 

 

 

朝倉木工から車で北に宇治木こりの会主催の「たにやまサブロー開放日」が毎月ほぼ同日に開催されます

京都炭山朝倉木工 から 谷山360°|たにやまサブロー - Google マップ

(2021年7月は18日(日曜)9時~草木染め体験でした。次回は秋の予定だそうです。)

〇申し込み先 ― ・facebook :宇治きこりの会  
  または ・Tel 090―6975―8593(桑村)

興味のある方は、宇治木こりの会Facebookまで。

(炭山のご紹介のページで、宇治木こりの会について紹介文あり)

 宇治きこりの会 | Facebook

 

 


遠方からお越しの方へ

有り難いことに、遠方からはるばる来てくださる方が多くなってきました。

リンクページに、朝倉木工の家具を納品したお店をご紹介していますので、

午前か午後に朝倉木工を見学、家具のご相談(平均1時間~1時間半)

行きたいお店に行って、朝倉木工の家具で食事(長時間座ってみることができます)もお勧めです。

 

 



■朝倉木工から北に車で13分一番近い世界遺産、醍醐寺の五重塔も、堂々と美しく圧巻です。

見に行ったときの記事: 醍醐寺 京都炭山朝倉木工から北に車で13分 - 京都炭山朝倉木工 (asakuramokkou.com)

三宝院の特別拝観ゾーンの秋草屏風絵も感動しました。おすすめです。(特別拝観期間をご確認ください)

(駐車場1000円、拝観料1000円、特別拝観ゾーンは+500円、小学生は無料)

炭山の近所の散歩道.JPG

 


■朝倉木工から南に車で14分の世界遺産、十円玉でおなじみの平等院鳳凰堂。こちらも、

 宇治商店街界隈に近いので、宇治観光を楽しめます。

 

■朝倉木工から南に車で14分の世界遺産、宇治上神社の本殿は1060年頃に建立され、現存する国内の神社でいちばん古い神社だそう。

「古都京都の文化財」のひとつとして世界遺産にも登録されています。

 

 s-1024IMG_2642.jpg